• <tr id='AeTpEq'><strong id='AeTpEq'></strong><small id='AeTpEq'></small><button id='AeTpEq'></button><li id='AeTpEq'><noscript id='AeTpEq'><big id='AeTpEq'></big><dt id='AeTpEq'></dt></noscript></li></tr><ol id='AeTpEq'><option id='AeTpEq'><table id='AeTpEq'><blockquote id='AeTpEq'><tbody id='AeTpEq'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='AeTpEq'></u><kbd id='AeTpEq'><kbd id='AeTpEq'></kbd></kbd>

    <code id='AeTpEq'><strong id='AeTpEq'></strong></code>

    <fieldset id='AeTpEq'></fieldset>
          <span id='AeTpEq'></span>

              <ins id='AeTpEq'></ins>
              <acronym id='AeTpEq'><em id='AeTpEq'></em><td id='AeTpEq'><div id='AeTpEq'></div></td></acronym><address id='AeTpEq'><big id='AeTpEq'><big id='AeTpEq'></big><legend id='AeTpEq'></legend></big></address>

              <i id='AeTpEq'><div id='AeTpEq'><ins id='AeTpEq'></ins></div></i>
              <i id='AeTpEq'></i>
            1. <dl id='AeTpEq'></dl>
              1. <blockquote id='AeTpEq'><q id='AeTpEq'><noscript id='AeTpEq'></noscript><dt id='AeTpEq'></dt></q></blockquote><noframes id='AeTpEq'><i id='AeTpEq'></i>
                都市名刺

                桃花源における都市

                Source:常徳市政府網 Date:2018-07-09 11:29:28 【Fonts:Small Big

                  常徳市は、桃花源における都市であり、山も川も美しいところである。

                  常徳市は湖南省の北部、長江中下流、洞庭湖畔に位置しており、雪峰山脈と武陵山脈との洞庭湖の向こうに伸びるところにある。こちらには武陵山の雄奇と険しさもあり、洞庭湖の烟波浩渺もあり、江南山水の秀麗優美もあって、自然景観の種類が多くて、山水景色がきれいで有名な観光地である。全市には国家森林→公園5カ所、国家自然保護区1カ所、国家重点風景名勝地1カ所、国際重要湿地1カ所、省自然保護区や風景名勝地や森林公園や観光レジャー地など近10カ所がある。

                  人間仙境である桃花源は陶淵明の「桃花源記」のお陰で世界でも有名であり、陶淵明の書いた人間仙境である。桃花源の南は雄奇と険しさがある武陵山であり、北は盛んに流れる沅江である。特殊な地理の位置のおかげで、桃花源は洞庭湖の水色もあり、潇湘の秀美もあり、五溪の奇観もあり、武陵の景色もあるが、山水田園の美しさ?お寺観亭閣の盛り?豊かな詞文石碑?歴史伝説の珍しさが国内外にも有名である。こちらには、武陵の漁師が渓流に沿って行く潺湲たる細流もあり、陶淵明が悠然としていて菊を摘んだりお酒を飲んだりしていた菊園もあり、王質が碁を見ただけで時間を忘れた遇仙橋もあり、先哲を追懐する集賢祠もあり、古色蒼然としている桃花観もあり、世の変遷も知らずに戦乱を避けた秦人村もある。

                  白鷺の故郷である花岩渓は、桃花源と同源である。こちらには、九龍?仙池?栖鳳という三つの山があり、中には、五溪湖と龍鳳湖がある。江南の山水景観のような湖の水色と山の雄奇と険しさは花岩渓の特点である。45平方キロメートルである観光地には、茫々たる林の海、広広としている青竹の海、山並みの水色などがあるが、詩画のようである。「江南山水大観、武陵郊外公園」と呼ばれている。龍鳳湖と五溪湖は青い水が澄んでいて、仙池山と栖鳳山は霞が青い山に映えていて、虎門山と獅子岩は不思議な石がそびえ立っていて、鳳凰岭と浪岭坂は草木が生い茂っていて、麻家溪と渣子溪は細流が静かに流れていて、特に毎年3月から9月まで白鷺が数万羽茫々たる林の海と青竹の海に出没して、盛観を極めている。花岩渓に入るとは、高山で遠くを眺めて、湖に船を浮かばせ湖畔で釣りをして、野道を散歩して、渓谷に静寂をみつけて、亭台で白鷺を観賞して、何をしても心地良い。

                  湖南の屋根である壷瓶山は、石門県に位置していて、国家自然保護区である。世界での200カ所の重点生態区の一つとして、「地球の自然迷宮、華中地区の珍しい種の遺伝子庫」と呼ばれている。現在から3.5億年前に壷瓶山のところは大海であり、燕山地質運動とヒマラヤ山脈造山運動および長い年月の地質変化に伴って、世界に少なくて珍しい地質地形と生態環境になった。壷瓶山は山が高く谷が深い、海抜1000メートルを超える山が266あるが、主峰の海抜の2099メートルで、湖南省の最高峰であるが、中東部地区で最も静かに狭くて長い雄大な峡谷があり、長さは200キロメートルぐらいで、峰と峡谷との高度差は800から1000メートルまでで、多くの典型的な地質紀年の断面が現れて、その中には、世界に最大のカンブリア紀の地質断面がある。壷瓶山は鐘乳洞と滝が多くて、最大の壷瓶滝の高さは400メートルで、広さは20メートルであり、唐代の偉大な詩人李白は「壷瓶に滝が落ちる、洞口に桃花が落ちる」という有名な詩句を書いた。壷瓶山←漂流の長さは22キロメートルで、落差が90メートルぐらいで、流れの急な早瀬が80カ所ぐらいあり、「急流旋回」という鮮やかな特色がある。

                国家森林公園である夾山は「両山相対?ジグザグ交錯?一道中通」という山である。中には、千峰が青绿色を争って、木が数万本太陽の輝きを浴びて、空気が新鮮で清々しくて、環境が静かできれいで、楚南地区である有名な夾山寺、李自成の闖王陵、碧岩泉などの三つの有名な観光地がある。夾山の「昼開く、夜閉める」という昔の伝説もあり、情趣がある古樟林、赤果樹林および仏光松波などの森林風景もあり、仏教聖地、陵園特色、茶道の源、森林風景を一体になった観光地である。

                  常徳市は洞庭湖湖畔に位置している都市としては、水が常徳の魂で、水が常徳の精神である。常徳市は「八百里洞庭湖」の三分の一がある。その核心区の平湖は国際重要湿地である。こちらには「水が退くのは淵、水が上がるのは湖」、湖と洲と浅瀬がお互いに交錯して、湖の底が深くて、百種類近くの鳥が集まって飛んでいて、水の郷と沢の国で、野趣に満ちあふれて、湖の風景が美しくて、自然に回帰する理想的な場所である。こちらには、煙と波がぼんやりしていて、波が逆巻く洞庭湖の風景があり、漁船も多く、豊かな収穫の情景もあり、朝の光が鮮やかに輝く自然景観もあり、百種類の鳥が集まって飛んでいて、魚が水底に潜っている生態景観もある。

                  常徳市市城区の隣に杭州の西湖より三倍の面積がある柳葉湖がある。昔は「堤柳漁歌?松風水帯」という話があった。現在は「湖南一宝?常徳一絶」という賛美する話があり、明時代の内閣】首相楊嗣昌、画僧髡残、武昌起義のブレーン劉復基の誕生と隠居の地である。こちらには、湖の波がきらきらと輝いて、堤の岸での柳がそよそよと揺れ、草木が生い茂っていて、湖の中に島があって、銀盤の中に緑のサザエのように、まばゆく輝いている。白鶴山、花山、太陽山の景観が同じではなく、それぞれの特点があって、それをまわりに北へ行くと、山の上に澄みきっている溪流が静かに流れていて、青青とする松と杉の葉は傘のように覆っていて、柳葉湖湖水とお互いに照り映えている。特に花山の上にツツジが咲き乱れていて、奥への道が曲がって静かで、鳥がさえずり花が香って、伝説によると劉海という人が木を切るところである。柳葉湖は湖をめぐって、自然と人文と農芸と園林と生態保護などが一体化したが、観光旅行、水上遊楽を主要な特色として、休日を過ごすことや、レジヤー、療養などの多機能の観光レジャー地である。

                  湖南省には、湘江?資水?沅江?澧水、四つの水系がある。その中の、沅江と澧水とは常徳を経て洞庭湖に注がれる。沅江は「三湘四水」の中で一番長くてきれいな川である。上流は沈従文の『辺城』、黄永玉の墨絵、宋祖英の山歌がある。下流は屈原が川を渡って、停滞した枉水、袁宏道が登って詩を書いた心水砦がある。夷望溪という沅江の最も美しいところは山々に囲まれていて、森林が青々としていて、沅江に注ぐところには、心水砦の主峰があるが、夷望溪はここで二つの溪流になって、溪流が主峰を巡っていて沅江に注ぐ。こちらには、巍巍として聳える山が溪流に映っていて、山水がお互いに映えるのは漓江より美しい。